元気になる楽食 その16 〜胃腸が喜ぶものを食べよう!「胃腸に優しいアジご飯」〜 名畑 のぞみ

シェアボタン

楽しく作って楽しく食べる、楽食アドバイザーの名畑です。

私たちの身体は、食べたものから出来ています。

食べたものによって、病気にもなるし、健康にもなります。どうせ食べるなら楽しく作って、楽しく食べたほうがもっと元気になりますよね。

「楽食」とは、楽しく簡単に食べようということです。

身体にいい発酵食品にフォーカスをして、とっても簡単で美味しい料理を紹介していきます。

 

胃腸が喜ぶものを食べよう!胃腸に優しいアジご飯

 

<材料>

(二人分)
アジの開き2枚 ご飯1号半、塩麹小さじ1、梅干1個、しそ6枚、ゴマ適宜

<作り方>

  1. ご飯1合半に梅干1個と塩こうじを小さじ1入れて炊きます
  2. ご飯を炊いている間に、アジを焼き、食べやすく身と骨を分けて置きます。
  3. しそ6枚を千切りにします。
  4. ご飯が炊けたら、ご飯の中の梅干の種だけをとり、身はご飯と混ぜ、器によそって、その上にほぐしたアジ、しそ、ゴマをたっぷり振りかけたら出来上がりです!!

ご飯に塩こうじを入れると、ふっくら炊き上がりご飯もツヤツヤになります。

炊き込みご飯や白いご飯、豆ご飯、色々なご飯に試してみてくださいね。

作り方を1分ほどの動画でまとめました。ご覧くださいね。

 

先日あるデータにちょっと驚きました。

それは昭和50年から平成25年までの厚生労働省が出した食品群別摂取量データなんですが、穀物やイモ類、緑黄色野菜、海藻など細かく分かれていました。

その40年ほどの間にほとんどのものは摂取が増えているんですが、かなり減っているものがあったんです。

何か分かりますか?

もしかしたら、あなたの食卓に上る確立も減っているものかもしれません。

それは、魚介類です。

どうでしょうか。

魚を自宅で食べる率が少なくなってませんか。

胸に手をあてると、若干肉率高いかなと思われる方も多いのではないでしょうか。

たんぱく質は肉から摂っているから大丈夫と思われるかもしれませんが、大事なのは油脂です。

DHAとかEPAという名前を聞いたことがありますよね。

これは青魚に含まれる不飽和脂肪酸の種類です。

大豆油やコーン油、ひまわり油などは、オメガ6の油と呼ばれ、オメガ6油を摂りすぎたり酸化した油を摂ると血管内で炎症を起こし、動脈硬化や老化、脳血管障害などを引き起こします。

オメガ3の油はその炎症を抑制してくれる作用があります。

外食やコンビニ、お弁当屋さんで売られている食べ物はほとんどがオメガ6。

知らず知らずオメガ6の油が多い食生活になってしまいがちです。

今現在、脳梗塞や心筋梗塞などの血管の病気が多いのは、もしかしたら魚不足かもしれません。

せめて家では、亜麻仁油やしそ油などのオメガ3の油を摂る、魚を食べるなどして血管を強くする食生活を取り入れましょう。

魚の摂取量が多い人は、少ない人に比べて心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが低いと報告されています。

お刺身でも煮魚でも干物でも好きな魚を食べてください。

季節の野菜や発酵食品などで簡単に出来るレシピを公開中です。
ご覧になってくださいね。
http://weblog.sapurican.com/

 

名畑 のぞみ

合同会社健康ファクトリー 代表
健康食品サイト サプリ缶運営
フードライフコーディネーター
サプリメントアドバイザー

楽食研究家

。山形県庄内町出身、横浜在住。
病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。
子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。
サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。
元気になる食べ物の料理会や、のん兵衛のためのおつまみレシピ会など楽しい会合を企画運営しています。

 

シェアボタン