鍼灸大航海時代 第12回 〜鍼灸の継続教育制度と最新研究情報〜 伊藤 学

シェアボタン

前回まででクルーズ編は一区切りとさせて頂きまして、今回から新章突入となります。

私のブログ「世界をさまよう鍼灸師」でも最近は海外からの鍼灸情報をお届けしておりますが、記事のネタはGoogleアラートという機能を使用して仕入れております。

毎日数件のネタが自動で飛んでくる仕組みなのですが、今日はその中でも質の高いネタを提供してくれる「HealthCMi」というサイトをご紹介します。

Continuing Educationという英語を聞いたことはありますでしょうか?

日本語に訳すと「継続教育」とか「生涯学習」といった意味になります。

アメリカ及びカナダの鍼灸資格には更新制度があり、州によって期間は異なりますが数年に一度の更新手続きが必要になります。

更新時に州が定めた一定のContinuing Education Credits Hours(CEUs: 継続教育時間数)を満たしている必要があり、そのためのオンラインコースなどを提供しているのが「HealthCMi」です。

日本でも鍼灸資格を証明するICカードの発行計画がつい最近話題になりましたが、5年に一度の更新を予定されているようですね。

将来的には継続教育制度なども導入されるのでしょうか?

鍼灸に関する学術論文は最近では中国・韓国などからの物も含め英語で発表される(もしくは訳される)ことが多いのですが、「HealthCMi」は最新の物を要約してアップしてくれます。

そのため非常に興味深い鍼灸情報をいち早く入手することが出来るのです。

私のブログでも厳選してご紹介させて頂いてはおりますが、さぼり癖がありますので興味がある方で英語が得意な方は「HealthCMi」を定期的にチェックしてみてください。

今はインターネットを通じて全世界の情報をいつでも入手できる時代になりました。

鍼灸に関してだけではなく、あらゆる物事に関して英語での情報量は桁違いです。

単純にGoogleで「鍼」と検索すると約 1,440,000 件がヒットします。

「Acupuncture」と検索すると約 55,600,000 件。膨大な情報の中から自分の求めている情報を手に入れることは簡単ではありませんが、世界のどこかで誰かがその情報をアップしてくれているかもしれないと考えるとワクワクしませんか?

早速インターネットで「Acupuncture」と検索してみてください。新たな発見があるかもしれませんよ。

 

伊藤 学(いとう まなぶ)

1977年生まれ。1994年にカナダに渡り、高校・大学を卒業後、2001年に帰国。外資系IT企業を経て、湘南医療福祉専門学校に入学。在学中より川崎中央はりきゅう院にて修行を積む。2010年にSteiner Training Ltd.と契約し客船の鍼師として勤務。7カ月の契約を終え帰国。現在は主にメディカルスパみなとみらい勤務。自身のブログでも海外の鍼灸情報を発信している。

シェアボタン