元気になる楽食 その15 〜味付けの主役は塩麹そしてカレー粉です「ささみのふっくらカレー焼き」〜 名畑 のぞみ

シェアボタン

楽しく作って楽しく食べる、楽食アドバイザーの名畑です。

私たちの身体は、食べたものから出来ています。

食べたものによって、病気にもなるし、健康にもなります。

どうせ食べるなら楽しく作って、楽しく食べたほうがもっと元気になりますよね。

「楽食」とは、楽しく簡単に食べようということです。身体にいい発酵食品にフォーカスをして、とっても簡単で美味しい料理を紹介していきます。

 

味付けの主役は塩麹そしてカレー粉です。
☆ささみのふっくらカレー焼き

<材料>

2人分
鶏ささみ6本、塩麹大さじ1、カレー粉大さじ1、薄力粉大さじ1、のり1/2枚、油適宜

<作り方>

  1. ササミの筋をとり、3等分に切り分けます
  2. ビニール袋にササミと塩麹大さじ1とカレー粉を大さじ1入れて揉みます
  3. 1時間ほど置いたら、小麦粉を大さじ1入れて全体をもみ込みます
  4. のりを適当な大きさに切って、ササミにつけてフライパンで多めの油で焼いたら出来上がり!

作り方の動画を1分ほどでまとめてあります。

年齢を重ねるにつれ、お肉がもたれるようになると、「身体が欲しがらない証拠」と考えていませんか。

いくつになっても体を作るたんぱく質を食べることは大切です。

皮膚も筋肉も髪の毛や爪、目や臓器、そして身体の細胞一つ一つはたんぱく質から出来ているんです。

もし不足したらどうなるでしょう。

まずは筋肉不足になり、足が思うように動かなくなったり、思考がまとまらなくなる危険があります。

そして、消化する酵素が不足して、食べ物がますます消化しにくくなることも考えられます。

動けない、考えられない、食べられないとなるとこんなに辛いことはありません。

だから、たんぱく質をしっかり摂りましょう。

お肉、豆、魚、その他野菜などにもたんぱく質は含まれますから、満遍なく摂る事って大切です。

でも、どうしてももたれてしまうという人は、塩麹の力を借りましょう。

蒸した米を麹菌で発酵させてつくる米麹が原料の塩麹は、肉や魚などの食材の旨み成分を増やし、柔らかくすると共に消化しやすいくもしてくれる優れものです。

エネルギー代謝を高めるビタミンB郡を多く含んでいるので、食べるだけで免疫力も高めてくれます。

調味料としてちょっと使うだけなので、簡単に習慣に出来ますよ。

美味しく楽しく食べて、毎日を元気に過ごしましょう!

季節の野菜や発酵食品などで簡単に出来るレシピを公開中です。
ご覧になってくださいね。
http://weblog.sapurican.com/

 

名畑 のぞみ

合同会社健康ファクトリー 代表
健康食品サイト サプリ缶運営
フードライフコーディネーター
サプリメントアドバイザー

楽食研究家

山形県庄内町出身、横浜在住。
病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。
子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。
サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。
元気になる食べ物の料理会や、のん兵衛のためのおつまみレシピ会など楽しい会合を企画運営しています。

シェアボタン