元気になる楽食 その7 〜身体にも脳にも栄養を!「芯からぽかぽか ぶりのカレー鍋」〜 名畑 のぞみ

シェアボタン

(温故知新2016年11月号掲載記事)

朝晩の冷えが強く感じられる季節になってきました。

急に胃が痛くなったり、腰が痛くなったりしていませんか?

自分では身体が冷えていないと思っていても、身体全体、そして内臓は冷えている場合が多いんです。

そんな時に、冷たいものばかり食べると、身体はもっと冷えてしまい、風邪だけではなく病気を引き起こしてしまいます。

この時期は身体の芯から温まるものを食べましょう。

旬のブロッコリーやねぎも身体を温めるサポートをしてくれます。鍋に入れて煮るだけの簡単料理、チャレンジしてくださいね。

< 材料 >

二人分
昆布 (30cm)、ぶり2切れ、長ネギ 2 本、ブロッコリー半房カレー粉小さじ 2、醤油小さじ 4、みりん小さじ 1/2

< 作り方 >

  1. 長ネギは斜め切り、ブロッコリーは子房に分け、ぶりは一口大に切っておきます
  2. 鍋に300ccの水と昆布を入れ沸騰したら具を入れます
  3. カレー粉、醤油、みりんで味をつけ、火が通ったら出来上がりです

白菜やかぶも美味しくなってくるので、根菜類もたくさん使って、色々アレンジしてください。

カレー粉は食べるクスリ

 

カレールーではなく、カレー粉使ってますか?

カレー粉は様々なスパイスをブレンドしたものです。

消化を促進させるコリアンダー、肝臓をサポートするターメリック、解毒作用があるクミンなどなど、たくさんの漢方素材が入っているんです。

調味料で身体の具合が良くなるなんて、とっても手軽で便利ですよね。

美味しく食べて免疫アップにつながったり、血流が良くなって冷えが解消されたり、酸素が行き渡るのでダイエット効果も期待できるんです。

調味料として使って、身体のすみずみまでもっと元気にしちゃいましょう。

カレー粉、本当に便利ですよ。

 

名畑 のぞみ

合同会社健康ファクトリー代表
健康食品サイト サプリ缶運営
フードライフコーディネーター
サプリメントアドバイザー
楽食研究家

山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ちます。 元気になる食べ物の料理会や、のん兵衛のためのおつまみレシピ会など楽しい会合を企画運営しています。
あなたの楽しい食生活を応援する名畑のぞみのブログ
http://weblog.sapurican.com/

シェアボタン